February 28, 2005

CS『2005 F1開幕直前SP』

 
川井ちゃん、今宮さん、津川さんの強力布陣です。各チームの最新情報などを解説した上、最後は点数までつけちゃってます。結果は、テスト情報をフォローしておられるF1ブロガーの皆さんなら、「なるほどな〜」って感じのものでした。
 
でも、フェラーリぶっちりぎではなかったな。スリートップの予測は。いや、もちろん最高点でしたけど。でも、けっこう接戦という感じでした。特にニューマシン投入前は苦戦もあり、と。ミハエルのコメントも流れてて、「できれば最初から新車で走りたかったよ」なんて言ってましたし。「改良を重ねてるわけだから、最新のがいちばん好き(速い)に決まってる」というような主旨のことも言ってました。
 
興味深かったのは、今宮さんのルノーについてのコメントです。
 
*カルロス・ゴーンはF1に興味持ってないので(むしろヤメられるならヤメたいくらい?)、最初のうちにドカンといい印象与えておかないと、経営スリム化の一環としてF1撤退も言い出しかねない。ので、ガソリン積まない状態で最速タイム刻んでおくという、一種のデモンストレーションをしたのではないか・・・・
 
というような主旨でした。なる〜
 
いずれにしても、各チーム手の内を微妙に隠しつつの三味線合戦だったのではないか、と。だいたいBARにしたって、悲観・・・というかかなりシビアな琢磨に対し、ジェンソンの楽観120%なコメントが不可解ですよね。これも、来季ウィルに移るための目くらまし?をしてるって気がしないでもない・・・。
 
あともう1つ。津川さんの、「ウィリアムズは人心掌握術ができていないから、結果的にチームとしての力が弱い」というような主旨のコメントも印象的でした。ドライバーをクルマのパーツみたいに扱ったりとか、即結果を出せなかったメカニックの首を簡単に斬っちゃうとか。それじゃ人は育たないし、チームとしての志気も高まらない・・・・と。
女子はどうしても情緒的にF1を見がちな傾向があると自戒していたのですが、その側面からの分析もアリなんですね〜。新鮮でした。
 
さて。すべて(でもないけど)が明らかになるのは今週末ですね。
      おっと、仕事もしないと・・・
  

Posted by agatha_net at 12:13Comments(6)TrackBack(3)

February 27, 2005

2005 Honda Racing体制発表記者会見

26日、新高輪プリンスホテルで、2005 Honda Racing体制発表記者会見が行われました。
 
凛々しい琢磨。自己ベスト更新を誓っています。
で・・・
もれなく深夜CX『すぽると』にスライドです。これをチェックしなきゃね〜♪
 
最最新の琢磨でしたね。26日、会見後の取材でしょうから、数時間前です!
カビラさんも熱かったですが、琢磨、自然体で超イイ感じでしたね〜。アドレナリン? ドーパミン? その後もっと専門的なところに引っ張っていく琢磨がキュートでした。あらゆる角度から分析しつくしてるのね〜。当然でしょうけど。
 
ところで。
『琢磨のVictory Road』がOAされなかった地域、けっこう多かったみたいですね? でも、ご安心下さい。はっきり言って、『すぽると』インタビューの方が百倍おいしかったですよ! 『Victory〜』は、F1を知らない人まで視野に入れた?番組だったように思います。だから、一般的な歴史のお勉強的ニュアンスが濃く、琢磨自身にスポットを当てた部分はそんなに多くありませんでした。インタビューも少しだけありましたが、『すぽると』に比べると、一般的な内容で、私たちがすでに知り尽くしている質問&リアクションの“確認”だったように思います。
ただ、そういう「歴史」を辿ることで、琢磨の置かれているスタンスが鮮明になり、感動を新たにしたという部分は少なからずありました。特に、中嶋さん、亜久里さん、右京さんのコメントにはじんときたーー。
 
とにかく、あと1週間ですね〜。フリー走行から計算すると、切りましたね〜。メルボルンに行かれる方、どうぞ楽しんできてくださいね! 私は早朝からCS観戦です!
 
  
Posted by agatha_net at 01:16Comments(4)TrackBack(7)

February 26, 2005

琢磨のVictory Road

CX『2005F1GP開幕SP 佐藤琢磨のVictory Road 〜日本人レーサー勝利への系譜〜』OA。
 
琢磨SPかと思っていたら、今までの歴史をおさらいってことだったんですね。いや、勉強になりました。中島さん、亜久里さん、右京さんのコメントにはじんときましたねー。
 
そういう、「歴史」の意義についての素晴らしい文章があります。後藤新弥氏による日刊スポーツのコラム『DAYS' on line』です。昨年の琢磨のポディウム達成について、このように書かれています(F1ブロガーの皆さんには、きっとおなじみですよね〜)。
 
注:後藤氏のコラムは基本的に引用禁止だそうです。『yahoo!スポーツ』にリンクが貼られているので、リンクは大丈夫かと判断しておりますが、不適切でしたらご一報くださいませ。
 
 
 
琢磨選手、H2O、さっそく持ってましたね!
 
 
  
Posted by agatha_net at 14:36Comments(0)TrackBack(15)

February 25, 2005

フェラーリ、新車発表

25日、マラネロにてフェラーリが新車F2005を発表。
 
ミハエルはスーツで登場。
序盤戦はF2004Mで戦うわけですが、これが吉と出るか凶と出るか。
  
Posted by agatha_net at 22:22Comments(6)TrackBack(21)

B.A.R、最終テストでもエンジントラブル

B.A.R、最終テストでまたもやエンジントラブル
 
ひぇ〜、ほんとうに大丈夫なんでしょうか?
「最終スペックのエンジンではないから大丈夫」なんて付け加えて?ありますが、そ、そうでしょうか・・・。
 
空力の確認も十分にできなかったということで、ほんっとに、ほんっとに、直前まで心配させてくれるよ・・・。
  
Posted by agatha_net at 16:10Comments(2)TrackBack(5)

February 24, 2005

琢磨に新たな栄誉、仏誌『L'automobile』よりトロフィー

フランスの自動車専門誌『L'automobile』選定の、『Sporting Revelation of the Year Award 2004』(2004年モータースポーツ及びモータースポーツ工業界でもっとも躍進した男)に琢磨が選ばれたのは昨年のこと。授賞式に出席できなかったので、今月21日、改めて琢磨がパリに赴き、トロフィーを授与されたんですね。
 
この賞は、これまでアラン・プロスト、ミハエル・シューマッハなどのチャンピオン・ドライバーが受賞しています。つまり、琢磨もいずれそうなると、本誌が推薦したということですね。事実、『L'automoble』社の社長は、「個人的にも」琢磨のファイティングスピリットに深く感動したとコメントしています。
 
 
 
その象徴が、あの、
 
バリチェロのインを刺した
 
瞬間ね!!!!
5月30日のヨーロッパGP。今でも目に焼き付いています。
 
 
 
誰もしなかったことをして、レースを変えた男。「タクシードライバーはもういらない。琢磨は本物のレーシングドライバーだ」とジャーナリストに言わしめた男。
 
おめでとう!!!!
 
 
PS:琢磨の公式サイトに授賞式の写真がアップされています。琢磨の顔、samuppeさんの作る“たくぐるみ”ソックリです。
 
 
  
Posted by agatha_net at 14:36Comments(4)TrackBack(4)

バトン、2006年ウィリアムズ移籍決定的?!

今シーズンの、バトンとBARとの契約内容がリークされました。
 
ポイントは、
 
『今年9月のイタリアGP時点でバトンがポイント・リーダーの得点の75%を獲得していない場合、自由にチーム離脱が許される』
 
という条項。
昨年だって、バトンの獲得ポイントはポイント・リーダーであるミハエルの52%。なのに今期、一気に75%なんて・・・。
 
でも、CSでOAされた『FIA Gala Prize Giving(世界自動車連盟表彰式)』のインタビューで、バトンは言ってます。「来季、10回は優勝したいね」って。
 
んーー、これ、どういうこと??
バトンはウィリアムズに移籍したいんですよね? とすると、ミハエルの75%未満にポイントゲットを留めなきゃいけないわけじゃない? 10回も優勝してたんじゃ、ダメじゃん。
 
一方、昨年のデータから考えると、今期バトンのミハエル75%超えは極めて難しい。まあ、フェラーリのクルマが本当にキマってなくて、昨年のようなぶっちぎり優勝が不可能になるなら話は別だけど。(しかしBARのクルマもキビシイしな〜
 
で、何が言いたいかというと・・・
 
Gala Prize Givingでのバトンの発言は、ホンネを隠すための攪乱攻撃だったのではないか、と。
 
ま、どっちでもいいですけどね私は。
琢磨さえ気持ちよく活躍してくれるなら・・・。
 
  
Posted by agatha_net at 07:29Comments(0)TrackBack(1)

February 23, 2005

BAR、バレンシアで最終テスト

 
だってね、こないだのCSモーパラで川井ちゃんにインタビューされてた中本さん、言ってたもん。「来週(つまり今週)、少しだけど最終テストする」って。でも、先週のバレンシア合同テストでBARは終了って、あちこちのF1ニュースで報じられたでしょ? どうしたのかなぁ〜と思っていたのでした。ちょっと安心。
 
タイムはよくなかったようだけど、納得できるテストができたならまぁいっか。
  
Posted by agatha_net at 13:24Comments(2)TrackBack(6)

February 22, 2005

BAR、テスト終了

BAR、テストはすでに終了。
 
フェラーリを始め、マクラーレンやルノーなど、他のチームが最終テストをしている今、独自路線を貫いているBAR。
もう準備は整った?
それならいいんですけど・・・。
 
 
  
Posted by agatha_net at 17:15Comments(0)TrackBack(3)

February 21, 2005

セナ・プロ時代の再現?!

各チームトップがそれぞれ気になるコメントを。
 
冷静なシュー兄。
 
相変わらずのシュー弟。
 
ブリアトーレ、なぜかライコネンを擁護。
 
      そして・・・
 
マクラーレンのライコネン&モントーヤ体制に対して、ルノーのブリアトーレが警告しています。
「どっちがセカンド」とはっきり決めないのはポイントの分散につながるというわけです。ファンとしては、セナ・プロの再現なんて大歓迎なんだけど。
 
でも。
大虎ライコネンを擁護しておきながらこんなこと言うってことは、ブリアトーレさん、ライコネンが欲しいのね??
 
  
Posted by agatha_net at 18:10Comments(4)TrackBack(2)