May 31, 2005

あのとき何が起こったか ヨーロッパGP決勝

お探しのエントリは?
    
    
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
 
【ご報告とお願い】しばらくの間、コメント欄を休止させていただきます。コメントの書き方についての論議が高まる一方で、管理人である私が細やかにフォローできず、感情的なコメントが増えるのを防ぐためです。ご理解とご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
             5月31日の琢磨:感受性が鋭くなる日
 
 
■あのとき何が起こったか ヨーロッパGP決勝
 
佐藤琢磨選手のオフィシャルサイトで、Marcus Simmons氏によるコラムが更新されました。 琢磨の証言により、ヨーロッパGPをリアルに振り返っています。
 
制限されたフリー・プラクティス
 
5週間ぶりに火を入れたエンジンを使わなければいけないため、あらゆる面での制限を受け容れなければならなかったBAR。フリーで十分に走れなかったことはもちろんですが、それがため納得のいくタイヤ選びをすることができず、「よりアグレッシブでも安定性には欠けるオプション・タイア」を選ばざるを得なかったとのこと。「安全性に欠ける」のひとことに、背中が寒くなったのは私だけではないはず。
 
捨て身で走った予選
 
予選において、トップでコースへと飛び出した琢磨。路面は汚れていて、グリップレベルが極めて低い中、「失うものは何もなかった」と考え、ひたすら攻めの走りをしたそうです。そうだったのか琢磨!! 結果は出ませんでしたが、その心意気で攻めてくれていたなら、言うことは何もありません。
 
第1コーナーで起こったこと
 
そして決勝。因縁の第1コーナーで待ち受けていたのは、あの多重クラッシュでした。何度もリピートを見た私たちですが、「マッサに当てられた」くらいしかわかりませんでしたよね。実は・・・
 
 .ラッシュ直前、リウッツィをブレーキングで抜いていた
 ▲凜ルヌーブとバトンのインを突いていた
 クラッシュ直後、パニック・ブレーキングを使ったマッサを避けられず追突した
 
一瞬のうちに、こんなにも状況が目まぐるしく変化する中、琢磨は攻め一筋で戦っていたのですね! 
とりわけ△慮緘召肪緻棔 そうか、バトンのインを突いていたのか琢磨!!! よくやった。これで私は満足だーー。・・・だって、ライバル19人中、もっとも戦いを挑めないドライバーはバトンですからね。アロンソでもライコネンでもなく。そのバトンに対して攻めていっていたなら、十分だ!(昨年の鈴鹿がトラウマになってるんで・・。王子ファンの皆さま、すみません〜)
 
その後も・・・
 
あちこち不具合が出続け、細かく調整を続けながらの走行だったそう。よく完走したねってことだったのかもしれません。ほんと、琢磨にとっては我慢のGPでした。
 
戦い済んで・・・
 
イモラやその後のテストでまずまずだったクルマの状況がなぜか変わってしまったBAR。「全体的にはかなりオーバーステアだったが、ターンインの時にはアンダーステアになる」とバトンも嘆いていました。今週はモンツァとシルバーストーンでテストをするとのことですが、成果が出ることを切望します。
 
  

Posted by agatha_net at 23:09TrackBack(1)

May 29, 2005

悪夢と奇跡が交錯 波乱のヨーロッパGP決勝

お探しのエントリは?
    
     
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
 
【ご報告とお願い】しばらくの間、コメント欄を休止させていただきます。コメントの書き方についての論議が高まる一方で、管理人である私が細やかにフォローできず、感情的なコメントが増えるのを防ぐためです。ご理解とご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
             5月29日の琢磨:個性を発揮する日
 
 
■悪夢と奇跡が交錯 波乱のヨーロッパGP決勝
 
中盤までは、どちらかというとシブイ展開だった。スタート直後で、ウェバーを中心とするクラッシュ劇があったあと、ライコネンーニックらの上位組を、実力十分の中盤勢がテール・トゥ・ノーズ、ホイール・トゥ・ホイールの戦いをくり返しながら追うという流れが定着。大筋としては、これでファイナルラップを迎える展開かと思われていた。
 
一瞬の出来事、そして天と地が・・・
 
ドラマが起きたのは、ライコネンがファイナルラップに入った直後だった。幾度かのオーバーランが原因か、あるいはマシンに不具合を抱えていたがゆえか、終盤になってタイヤに問題が発生。フラットスポットを抱えたまま、だましだまし走るということを余儀なくされていたライコネン。願わくばタイヤにやさしい走りに切り替えたかったのが、チェッカーを前にアロンソの猛追を受け、ぺースを緩めることができなかった。そして・・・遂に、右フロントが破壊。ライコネンは派手にスピンアウトし、バリアにクラッシュした。
 
あっと言う間に、天と地がひっくり返った。アロンソの雄叫びが聞こえた気がしたのは、私だけではないだろう。アロンソは驚喜の中チェッカーを受け、右手で4連勝を現す4の字を作って、自らのスタンスをアピールした。
 

■ポイントは・・・
 
〆鄒錣量
 
モナコで失敗したルノー、轍は踏まじとばかり、磐石の作戦で来ました。ハードタイヤの選択。燃料とのバランスはもちろんのこと、失敗のないよう確実に詰めてきたんでしょう。一見、自滅したライコネンに対し、アロンソが漁夫の利を得たかのような錯覚に陥る結果でしたが、そうではなく、アロンソ、そしてルノーがクレバー&タフに追いつめた結果。アロンソ&ルノーがライコネン&マクを倒したのです。
 
 
⊆体惑疋疋薀ぅ弌爾燭舛離ーバーテイク祭り
 
特筆すべきは、バリケロの追い上げ! 昨年、このニュルで琢磨が「オーバーテイクのタク」として世界に認知されたことは有名ですが、同時に、「ノーマークだったタクに抜かれてしまった」ドライバーとして世界中に映像が流れたバリケロ。1年を経て、その汚名を返上しました。
 
バリケロといえば、現在モメていることは周知の事実。ひとことで語り尽くせぬ今までの我慢、辛抱を、「もうミハエルに勝ちは譲らない」との宣言であるかのように、ミハエルとは違う作戦で再びポディウムを奪取しました。その執念に拍手。
 
 
BARの“辛抱”
 
5週間ぶりに火を入れたエンジンで、燃料は誰よりも重く積み(特に琢磨!)、バトンなどはアッサリと抜かれてしまうシーンがいくつもありながら、辛抱してチェッカーを受けました。琢磨に至っては、私たちが熱望した派手なオーバーテイクを十分に魅せることもできず、どんなにかフラストレーションがたまったことでしょう。だけど、今季のレギュでは、まず予選の出走順位を少しでも有利なものにすることが必要。続く北米ラウンドのために、コース上でもパドック内でも、言うに言われぬ辛酸をなめつつ、堪えきりました。
 
それにね。
派手なオーバーテイクがなかったと書いたけど、いえいえ、そんなことはありません。スタート直後、クラッシュ劇に見舞われながら、16位スタートから9位まで順位を上げました。ううーー、それでこそタク! と思いましたよ〜。そして・・・その後の展開で、どういう流れになるかわかってきたとき、なんかもう、スコーンと抜けました。「わかった琢磨、あとは思いっきり楽しんでくれ!」ってね。ポディウムはもちろん、ポイントもどうやら難しそうだ。だってあのマシンで、重い燃料の上にもろもろの“不利要因”という重い荷物を背負って走るんですから。・・・そう思ったら、かえって純粋に楽しめましたよ。だって、琢磨が走ってるんですからね!
 
 
ぅ船礇鵐廖文補)という十字架を背負うこと
 
今まで、わりとアロンソに対して好意的だった私ですが、今回初めて、単なる好感以外の想いを抱きました。それは、歓喜するチームたちの前で、マシンのタイヤをポンポンとたたき、「こんなにオレは頑張ったんだぜ」的なアクションを見せたときのことです。
ポディウムで微笑むアロンソを見て、私は感じ取りました。今までの「頭角を現してきた実力派好青年」の顔から、清濁合わせのみ、時には人のねたみそねみも買って、それを肥やしにしてなおも光り輝こうとする、たいしたヤツへと変貌を遂げつつあるようだと。そして、それに年季というスパイスをふりかけ、それによる叡智、時に狡さをも身につけたとき、たとえていえば、人はミハエルのような貌になるのかもしれない・・・と。
 
 
そして・・・
 
とにかく、タク、お疲れさま! これからもう一度地上波をリピートして、タクにエールを送ります。
  
Posted by agatha_net at 20:23TrackBack(56)

占星術によるヨーロッパGP直前予想!

お探しのエントリは?
    
     
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
 
【ご報告とお願い】しばらくの間、コメント欄を休止させていただきます。コメントの書き方についての論議が高まる一方で、管理人である私が細やかにフォローできず、感情的なコメントが増えるのを防ぐためです。ご理解とご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>
 
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
          5月29日の琢磨:個性を発揮する日
 
 
■占星術によるヨーロッパGP直前予想!
 
あと数時間後に迫ったヨーロッパGP決勝。その行方を、決勝スタート時のホロスコープ・チャートで占ってみました。
 
ヨーロッパGP 決勝スタート 2005年5月29日 14:00(現地時間) Nurburgring
 
2005 ヨーロッパGP
 決勝スタート時のホロスコープチャート
 
 
 
 
 
 
 
注目点‖斥曄Ψ遏水星・金星・木星が風の宮に集結し、風の宮でグランドトラインを形成
 
→風の宮に太陽があるドライバーが活躍
該当ドライバー:ライコネン、バリケロ、琢磨
 
→若いドライバー、クレバーなドライバー、若々しくてさわやかなドライバーが活躍
該当ドライバー:ライコネン、琢磨、バトン、ニック、微妙だけどアロンソ・・・? さわやかかどうかは不明だが、一応マッサ(あくびはやめて!)。
 
→風の宮はクレバーさ、コミュニケーションを象徴。よって、作戦勝ちのチームに利あり
該当ドライバー&チーム:・・・マクラーレンのライコネンですかい? ここにBARが絡んでくるようになれば、いろんな意味で心配しなくてすむんだけどな〜。
 
 
注目点▲妊センダント付近に魚座の火星・天王星が集結
 
波乱の予感
→上に同じく、若々しいドライバーの活躍
→魚座ということから、情絡みのストーリーなど、ドラマのあるドライバー&チームに利あり
該当ドライバー&チーム:地元ドライバーに利あり。ってことでもちろんニック、そしてトヨタのトゥルーリとラルフ。一応ミハエルも・・・。
 
 
注目点4超を現す1室にある木星が、太陽・水星、海王星とグランドトラインを形成
 
→スタートでラッキーを得た者にアドバンテージあり
該当ドライバー:プレカンに出た3人はとりあえずチェキですが、彼らのみならず、決勝でスタートをキメた者に勝利の女神が微笑むのでは。
 

■で、決勝ですが。
 
いわゆる「運気」がよくないときって誰にもあるんですが、そのときにどれだけ努力をしたか、準備をしたかで、運気がいいときの羽ばたき具合が変わってくるんですよね〜。ニックは、その準備を十分してたんでしょうね。陽が当たるまで長かったですが、その分、一度流れに乗ると、培ってきた実力がモノを言う。今回のニックの頑張りは、単に「運がよかった」だけではなく、よくないときの準備のたまものだと思います。さすが牡牛座、粘り腰!
 
そう言う意味で、今年の琢磨には運気の良さ=ラッキーのバックアップはありません。ただし、彼が昨年までに築いてきた結果、「タクシードライバー」ではなくレーサーとしての存在を見せたこと、その気概がF1全体を変えたこと・・・などのアドバンテージが、今年の琢磨を大きくサポートしているはず。イモラで、中盤勢が大渋滞を形成しているとき、国際映像が琢磨を抜いて離さなかったことを、皆さん覚えておられますよね。あれは、「オーバーテイクのタク」が浸透しているという証。昨年の実績があればこそです。
 
なので・・・
 
おそらく皆さんの予想も同じと思いますが、琢磨には、ポディウム以上に価値ある名場面を見せて欲しい!!! 2005年のニュルを、昨年以上のインパクトでもって、歴史に残る一戦にしてもらいたいですね。
 
あ、予想・・・。
 
琢磨の“輝く一瞬”に興味が集中してるんで、正直ライコネンでも誰でもいいんですが・・・(阿雅佐さん、ひどすぎます!)、えーと。ライコネン−ニック−トゥルーリでどうでしょう?
  
Posted by agatha_net at 01:36TrackBack(3)

May 28, 2005

注目の琢磨復帰戦! ヨーロッパGP公式予選

お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月28日の琢磨:本領発揮の日
 
 
■注目の琢磨復帰戦! ヨーロッパGP公式予選
 
ポールはウィリアムズのニック。クイック・ニック、見事地元で初ポールを飾りました。予選方式がたびたび変わることに関して、かる〜くFIAを批判していたというニック。ちゃんと結果も出しました。
 
フロントローは、実質的な優勝候補・ライコネン。「多少積んでたからポールはとれなかった(とらなかった)が、スタートでニックを抜いてトップ独走」というのが、おおかたの予想なのでは? いずれにしても、ポールはとらなくても「十分抜ける」と踏んでるマクラーレン。余裕ですね〜。
 
3番手は、ご存じ“予選番長”ウェバー。彼がここに来ても誰も驚かないし、明日、いつの間にか姿を消しても誰も驚かない・・・。この先入観、彼自身の手で覆してくれるでしょうか。
 
4番手は、予選でずいぶんと順位を上げたトゥルーリ。トヨタ陣営、近くにある工場の従業員たちを、3日に分けて全員サーキットに招待しているのだとか。となると情感豊かな蟹座のトゥルーリ、ガゼン熱が入りますよね。
 
僅差で、5番手モントーヤ、6番手アロンソと続きます。搭載燃料の件もありますから、まだまだ優勝は射程距離でしょう。
 
フェラーリ陣営は、バリケロが7番手、ミハエルは10番手。ロス・ブラウンは、「8位以内なら勝てる」と言ってたそうですが、・・・微妙な結果ですね〜。それとも今回、バリケロがミハエルにレースで宣戦布告? ・・・まさかね〜。
 
そして、注目のBARですが・・・琢磨16位、バトン13位となりました。琢磨、何と言ってもトップで出走しましたからね。「不利」を背負って走らざるを得ない。2番目に出走したバトンとの差は大きかったのでは。しかし、大丈夫です。こんなの想定の範囲内。ここからオーバーテイク祭りが繰り広げられるはず! 「バリケロ、第1コーナーでインに気を付けろ!」などと画面に向かって話しかけながら、明日は楽しむのです。
 

■プレカンでの「瞳」は・・・
 
ニックは、うれしさのあまり頬を紅潮させっぱなしでしたね。童顔だけど28歳なんだよな〜。そして決して、若手ではない。瞳に力がある・ない以前のレベルで、かわいく微笑ましい状態でしたね。当たり前だけど、ポールに慣れてない様子が全開。このままポ−ル・トゥ・ウィンを飾れるかというと・・・正直、微妙かな〜という印象でした。
 
さて、優勝候補のライコネン。彼はその逆で、「現時点でライバルであるアロンソのように、意識している存在以外のドライバーにポールをとられてしまう」ことに慣れてない。周囲が皆、「きっと燃料積んでたんだよね〜」って事情をわかっているにも関わらず、落ち着きがありませんでした。
しかし、ここ2戦連勝していることに話が及ぶと、パッと別人のように顔が変わり、自信に満ちたチャンプ候補の顔に戻りました。この顔なら、優勝もあり。しかし最初の落ち着きのない顔は、ちょっと弱いかも。
 
ウェバーに関しては・・・・、彼、変わりましたね!! ,靴磴戮襯函璽鵑一定でなくなっている! ⊆蠅屬蠖箸屬蠅ついて、表情が豊かになっている! ・・・・これ、彼的にはすごい変化です。彼のような優等生系の乙女座にとって“変化”は、一定の不安定期間を経て次のステージへと移行するときの前触れ。優等生は変化に慣れてないですからね。いったんドタバタするんですよ(それがモナコでのシケインカット・オーバーテイク?)。なので・・・今回のレースに、変化後の成果が出るかというと・・・。もう少し時間がかかるのでは?
 
さて。こうなると・・・
 
全員の「瞳」が見たい! ・・・・なんて。欲張りですか?
  
Posted by agatha_net at 19:49Comments(19)TrackBack(42)

注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行4回目

お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月28日の琢磨:本領発揮の日
 
 
■注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行4回目
 
事実上、各マシンがグリッドに着いた感のあるフリー4回目。興味深い構図が明らかになりました。
 
結果は、ライコネン−モントーヤのマクラーレンが1−2。続いてアロンソ−フィジケラのルノー勢。う〜ん、やっぱりそうなのか・・・。
 
注目の琢磨は7位。その後ラルフを挟んで、バトンが9位につけています。周回数は各チームだいたい10周強と同じくらい。燃料の差は当然ありますが、それにしても、これが一応の目安となるのかもしれません。
 
興味深いのは、そのあとにつけたミハエル、バリケロのフェラーリ勢。今回はかなり積んで走っていたようですが、予選はどんな作戦で来るでしょうか。
 

■注目すべきは・・・・
 
いずれにせよ、マクラーレンはかなり手強そう。積んでても速い。・・・ってことは、ヘタしたらまたしてもライコネンの一人旅?!(モントーヤは、運気が・・・←そう言う問題?
 
ルノーに関しては、耐久性について熊倉さんが疑問を投げかけていましたね〜。モナコの再現をするほどチームはおばかさんじゃないと思うのですが、ほんのひと匙の甘さやミスが大きな違いを生むのでしょうから、確かに楽観はできないかも。
 
ウィリアムズ、トヨタは安定して競争力がありそうですね。ウィルはスタートを直してきているでしょうし、トヨタに関しても、「今までの実験(開発)がほとんど功を奏している」(by「その通り!」津川さん)というのは強い。さすがガスコイン!
 
そして注目のBAR。エンジンの耐久性に問題が(もし運良く)なければ、十分戦えるようですね。まだわからないとはいえ、ホッとひと安心。しかし、それこそ実験すらしていないことをこれからやるわけですから、いつブローしても(あるいは他の問題が出ても)おかしくない状態。こんなハラハラドキドキのレース、未だかつてないのでは。
 
あとはフェラーリがどれくらい底力を見せてくれるか。BARとフェラーリはけっこう積んでくる作戦ではと思われますが、そんなところにも注目しつつ、予選を見守りたいです。
  
Posted by agatha_net at 17:13Comments(4)TrackBack(9)

注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行3回目

お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月28日の琢磨:本領発揮の日
 
 
■注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行3回目
 
サードカーのいない、土曜日のフリー走行です。おおーー、琢磨がコックピットに! この映像をどんなに待ちわびたことでしょう!
   
結果は、アロンソ−モントーヤ−ライコネン−フィジケラのトップ4。わかりやすすぎる、ルノー&マクラーレンのトップ独占です。フリーなんだけど、丁々発止でしのぎをけずってる感、いいですね〜。
 
続くは、バリケロ、ミハエルのフェラーリ勢。ミハエルはけっこう走り込んでますね。昨日ちょっとした不具合が出た(「その通り!」津川さん曰く、たいしたことはないそうです)ので、その辺確認したのでしょうか。
 
ウィリアムズの2人とラルフを挟んで、琢磨は10番手、バトンは11番手。何と言っても5週間火を入れていないエンジンですから、くれぐれも慎重にいかないとね。
 

■注目すべきは・・・
 
チームごとにきれいに順位がつきましたね。これがそのまま、今回の勢力図でないことを祈りたい。確かにBARはどこをとっても不利な材料ばかりですが、このまま何も見せ場なく終わると思うなよ! って感じですよね。たとえライコネンやアロンソが優勝しても(と、多くの人が思ってるはず)、それ以上に印象的な走りを見せてくれるはず(とも、多くの人が思ってますよね?)。
 
それにしても・・・
 
モンテイロのズリズリ走行ばかり何度も映して、琢磨をほっとんど映さないってどういうこと???  世界中のF1ファンが、そんなにモンテイロに注目してるとは思えませんが?(すみません)
  
Posted by agatha_net at 15:51Comments(0)TrackBack(9)

May 27, 2005

注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行2回目

お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月27日の琢磨:底力を見せる日
 
 
■注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行2回目
 
待ちに待った琢磨復帰戦、2005年ヨーロッパGP。フリー走行2回目が終わりました。
 
 
結果は、ブルツ(マクラーレン)−ゾンタ(トヨタ)のサードカーコンビが1−2。以下、ニック−モントーヤ−ライコネン−ウェバーと、マクラーレン&ウィリアムズが独占し、図らずもモナコの再現となりました。やっぱり安定してるな〜。マク&ウィル!
 
ウェバー、終盤でSTOP表示出ましたが、マシンの戦闘力には問題のつけようもないのでは(つけてたりして・・)。
 
さらに僅差でバリケロ、アロンソと続きます。ミハエルは13位と沈んでいますが、わずか5ラップのみ。アタックはしなかった?ということなんでしょうか。
 
BAR、今度は約20周ほど走ってますが、タイムは上がりません。同じようにエンジン温存していたルノー勢が、スーッと走り出したかと思うと上位に滑り込んでいくのに対し、BARは下位から中盤あたりと低迷。最終的には、琢磨15位、バトン16位(全24台中)に終わりました。
 
セッティングを試していた結果ならいいんですが、もし不具合が出ているなら・・・いっそのことエンジン交換して、うしろから追い上げ祭ってのはどうでしょう? 最後尾スタートの3位フィニッシュ、とかね。優勝は北米ラウンドまでお預けですが、それでも構わないですよね。
 
明日のフリーではいよいよ映像が見られますね! 楽しみだ!!
 
  
Posted by agatha_net at 21:00Comments(6)TrackBack(21)

注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行1回目

 お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月27日の琢磨:底力を見せる日
 
 
■注目の琢磨復帰戦開幕! フリー走行1回目
 
いよいよ始まりました! 2005年ニュルブルクリンク、歴史に残るGPの開幕です。
 
何と言っても注目なのは、5週間ぶりに稼働させるホンダエンジン。 「F1エンジンは、ワインのように寝かせておけないんです」と中本さんも言ってます が、確かに、不安満載・・・。「予定距離に達する前に、エンジンが壊れてしまう可能性も」あるとのこと。そりゃそうですよね。途中で“寝かせる”ことは想定して作られてないんですから。
 
しかし。このことといい、予選出走順の不利といい、マイナス要因はすべて琢磨のエネルギーに昇華されるはず。皆さん、期待を持って行きましょう!
 
と、いうことで・・・
 
昨夜のうちにユーザー登録しておいたLive Timing画面を開けると(ブロガーの皆さま、情報ありがとうございます)・・・・琢磨の名前がある!!! これだけですごい感動って、どういうこと?(笑) きっと皆さん同じ気持ちですよね。
 

■フリー1結果
 
金曜フリーは“サードカーの男”の饗宴日。マクラーレンのブルツ、トヨタのゾンタ、今回はサードカーとなったレッドブルのクリエン、そして忘れちゃならない、MSとBSを共に駆る男・ルノーの・・・もとい、今回はジョーダンのモンタニーがしのぎを削ります。
 
結果は、トップはマクラーレンのブルツ。続く2番手は、ミハエルが堂々の“宣戦布告”。3番手にはトヨタのゾンタがつけました。
 
4番手はモントーヤ。そこから0コンマ1秒差でバリケロが5番手。そして、さらに100分の4秒差で6番手につけたのはライコネン。2番手のミハエルからこのライコネンまで、差は0コンマ5秒以内。う〜ん、拮抗してますね。
 
注目のBARとルノーは静観。BAR、エンジン温存しましたね。ここで交換して10グリッド降格って手もあったんでしょうが、色々言われたあとだけに、「交換するのは壊れたとき」って決めたんでしょうか。
 
久々に?上位につけた感のあるフェラーリ、今季何度目かの復活ののろしでしょうか。そして、注目のBARは・・・
 
2回目フリー走行はこのあと21:00(日本時間)からです!
  
Posted by agatha_net at 17:32Comments(2)TrackBack(13)

May 25, 2005

占星術で徹底分析 佐藤琢磨の運命

 お探しのエントリは?
    
     
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
  
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月25日の琢磨:インスピレーションが働く日
 
 
■占星術で徹底分析 佐藤琢磨の運命
 
ニュルを間近に控え、世界中のF1ファンが注目している佐藤琢磨選手の運命を占いました。
 
佐藤琢磨 1977年1月28日 東京都新宿区生まれ
 
琢磨バースチャート
 佐藤琢磨選手のバースチャート
 
 
 
 
 
 
 
 /緝唳造梁斥曚任澆覺靄榲資質
 
進歩的な精神の持ち主で、改革者としての素質に恵まれた人。オリジナリティ溢れる発想で、前例のないことに次々とチャレンジしていくエネルギーに満ちています。論理的で頭の回転が速く、老若男女、またどこの国の人を相手にしても、楽しくコミニュケーションし、自分の考えを正しく伝える力があります。基本的に個人主義者ですが、仲間はとても大事にする人です。
 
 
∋獲唳造凌綫院火星でみるレーサー魂
 
物事をよく分析し、確実に抜かりなく進めていくことのできる人。確信犯的なプランニングと行動により、物事を成功へと導きます。クールで実際的な判断・行動ができるので、いざというときにもパニックに陥らず、落ち着いてベターな対策を講じることができます。プレッシャーをはねのけて、ギリギリのところで壮絶な力を発揮するレーサーには最適な相。
 
 
2患躡造侶遏木星、魚座の金星でみる恋愛・結婚運
(女性ファンのために、こんな項目を作ってみました
 
好みの女性は、やさしくて思いやりに満ちたお嬢さんタイプ。やわらかなイメージだけど頭の回転は速く、何でもひとりでテキパキとできる女性です。琢磨選手はグルメの星を持っているため、お料理の上手な人であることも重要。F1は華やかな世界ですが、ツンとすました感じの美女より、庶民的な感覚も大切にする、気だてのいいお嬢さんであることが大切。おそらくバイリンガルであることも望まれますね〜。実際的な価値観を大切にする琢磨にとって、即戦力となれる人材であることが必要なので。
 
 
ぢ斥曄Ψ遏ε收院ε群星でグランドクロスを形成
 
グランドクロスは破壊と再生をくり返すという定めの象徴。人生が平凡ではなく、波乱に満ちたものになることを現します。歴史に偉大な足跡を残す人物の何割かは、この座相を持っているといわれます(ただし、平凡な人生を望む人がこの座相を持ってしまったら、・・・困るんですけどね)。
琢磨選手の場合は、尋常ではないプレッシャーに苛まれるが、それによって無尽蔵の力が現れるという形で、この座相の影響が現れます。つまり、生まれ持ってGと、それを克服するパワーを兼ね備えているということ。
ただし、予想外の展開・アクシデントなどには注意が必要です。
 
 
ゥ肇薀鵐轡奪叛蠕噂僂隼傭貎簗燭任澆2005年の運命
 
トランシット占星術によると、吉星である木星の加護がある今年は、昨年以上の成果が期待できる年。ポディウムに乗れないわけがありません。今年大活躍のキミ・ライコネンも、木星の加護を受けている一人。
 
四柱推命によると、ちょっと由々しき展開に。60年に1度回ってくる特殊な星回りが、今年回ってきています。これ、ゼロに戻るという意味合いの星回りなんですが、オーソドックスに鑑定すると、“要注意年”。琢磨は若いから問題ないですが、老人でこの星が回ってきたら・・・厳重注意です。
今年は誰の力も借りることができず、ひとりで立ち向かっていかなければいけない年となります。琢磨のせいじゃないのに結果的に出場できなくなるという今回の事態は、まさにこれを現しているのです。文字通り、60年に1回・・・つまり一生に一度巡ってくるか来ないかのアクシデントだったということですね。
 
総合結果 今年の琢磨は、ダメダメだった周囲の状況がある程度整えば、きちんと結果が出せるでしょう。グランドクロスを持った琢磨ですから、破壊のあとには再生があるはず。破壊のレベルが大きければ大きいほど、飛躍的な発展が期待できるでしょう。なぜなら、運命において、幸不幸の振り幅は常に等価だからです。
 
            さ、ニュルでの優勝祈願に入ろ・・・
 
  
Posted by agatha_net at 12:13TrackBack(14)

May 24, 2005

琢磨復活! ヨーロッパGP開幕迫る

 お探しのエントリは?
    
       B.A.R.問題を振り返る
 
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄しておりません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記し、リンクをお願いします。  通常のTB、コメントは大歓迎です。
 
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
        5月24日の琢磨:仲間とのコミュニケーションを大事にする日
 
 
■琢磨復活! ヨーロッパGP開幕迫る
 
いよいよです。このときをどんなに待ち望んだことでしょう! そんな私たちの思いを受けてか、あちこちでさっそく琢磨の話題が乱れ飛んでいます。
 
 
Official Formula1 Websiteが、昨年のニュルでの琢磨の活躍について振り返っています。琢磨のことを、フェラーリの1−2(2004年当時)を阻むことのできる、only real challengerであると言ってますよ!
 
今回のニュルから予選方式が変更になり、BARは1番目のアタックとなりますね。明らかに不利ですが、しかしもう、こうなったら! 気合いでいくしかありません。(としか私には言えません)
 
景気づけに、craftmanさんのすばらしいエントリを見てきて下さい!
 
 
それにしても・・・
レッドブルは今回もリウッツィでいくと決めたわけですが、この件、おもしろいくらい誰も取り上げてないですね? トサカ系獅子座に誰も興味ない??
 
 
付記:と思ったら、やっぱりこの人が! Lingさんのblog「Motorsportsの情報整理」で、ちゃ〜んと取り上げてくださいました。開幕前に、リウッツィとクリエンについておさらいしたい方は必見です!
  
Posted by agatha_net at 14:39Comments(15)TrackBack(9)