May 07, 2005

BARvsFIA 舌戦続く

2戦にわたる出場停止処分を受け容れたBARですが、「我々に落ち度はなかった」としてWeb上で詳細を公開しているのは皆さんご存じの通り。
 
これに対し、モズレーはこう応戦しています。
 
Mosley slams 'crude' and 'primitive' BAR
 
そりゃな〜。言ったら言い返されるよな〜。相手が相手だしな〜。
 
モズレーの言い分はこうです。
「冬の間から、BARが黒いって聞いてたぞ。パドックは噂でもちきりだったんだから」
「確かに私は冬の間はF1に関わってないが、アメリカのモータースポーツ界で有名な“ある人物”から話は聞いてるんだ。個人的に、な」
 
これが収まらない限り、「執行猶予期間にまたしてもBARレギュ違反発覚!」の報道が飛び交うのは避けられない・・・?! 勝てるマシンを開発するためには、レギュが定める「限界」の数ミリ手前で工夫していかなきゃいけないですもんね。これが執行猶予うんぬんを恐れて、レギュに抵触する恐れがまったくない「安全な」マシンを作っちゃうと・・・戦闘能力ないんだろうな〜。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/agatha_net/21156869
この記事へのトラックバック
B.A.Rホンダはサーキットから去りました。写真はBARのカミオンがパドックから出て行くところです。非常に、非常に異様な光景でした。グランプリ期間中にチームがサーキットを去るのは1994年のモナコGP、ザウバー以来です。みんな手を止めて見送っていました。 お知らせし
FIA対B・A・R【ダダモレブログ特盛り】at May 07, 2005 06:34
ヤフーニュースによると、BARホンダは6日、国際控訴裁判所の出場停止裁定に従い、同日当地で開幕した第5戦のスペイン、22日決勝のモナコ両グランプリを欠場すると結局の所、発表したらしい。声明で「法廷に訴えることも検討したが、今レースに出場することは不可能と
結局BARホンダ【題名と内容のない日記】at May 07, 2005 09:29
フジテレビは困っているだろう 何とか最悪の事態は脱したものの、スペインとモナコの2戦は欠場という重い処分となった。 当初、FIAは、国際法廷に対しBARホンダの選手権からの排除を要求しており、最悪、今シーズンは日本人期待の佐藤琢磨の走りが見られないところ
BARホンダ F1世界選手権からの永久追放 何とか逃れられる【V35スカイラインクーペが欲しい!】at May 07, 2005 10:05
 BARホンダは6日、国際控訴裁判所の出場停止裁定に従い、同日当地で開幕した第5戦のスペイン、22日決勝のモナコ両グランプリ(GP)を欠場すると発表した。
BAR 2戦欠場へ、F1出場停止受け入れ【最新F1news & Result】at May 07, 2005 11:55
F1LIVEより 第4戦サン-マリノ GPにおいてジェンソン・バトンのマシンB・A・R Honda 007がレギュレーションで定められた重量に満たなかった問題の裁判がパリの国際裁判所で現地時間5日(木)の午後行われた。 国際裁判所はFIAの提訴を受けて、サン-マリノGPでジェンソン・バ
BAR HONDA、スペインとモナコ、出場停止処分【はびのすブログ】at May 07, 2005 13:30
B・A・R Hondaは2005年5月6日(現地時間10:30)バルセロナ・カタロニアサーキットでFIA裁定に対する最終結論を発表した。 『B・A・R Hondaは、FIA国際裁判所の裁定に対し、複雑な法律管轄の問題も踏まえ、下記のように対応することとした: B・A・R Hondaは、今回の裁定を
B・A・R HONDA FIA国際裁判所裁定に最終結論!!!(追記あり)【にこらすの徒然なるままに・・・】at May 07, 2005 15:53
こちらアメリカは、ただいま7日午前1時をまわったところ(CDT)だけど、SPEED CHANNELではスペインGPの金曜フリー走行が再放送されてます。 話題の中心は復帰したJuan Pablo Montoyaでも、地元開催に期待が掛かるFernando AlonsoやPedro de la Rosaでもなく、やはりBAR問題
反論の余地なし【Chicago Motorsports Bar】at May 07, 2005 16:02
この記事へのコメント
ルールの隙を突き、少しでも速いクルマを作ろうとするのがデザイナー達の仕事だろう!
欧米ではグレーゾーンはクロではない、という考え方が一般的で、今回問題になった部分も
明文化されていないことはFIAも認めざるを得ない訳で、逆に言えばそこに気付かないような
デザイナー達は仕事をしていないと言える。
なら当然、ルールに明文化されていない部分を突いたクルマ作るのは悪い事の訳がないわな。
つまり、「ルールを素直に読めば違反だろ」とか言ってる椰子らはその時点でナンセンス。
Posted by kopin at May 07, 2005 03:10
追記↓
良くも悪くも日本人的な捉え方ですな「FIAは寛大だった」と言われるのも元々FIAの言っていた処罰が厳しいものだったからであって、ルールを書いていなかったFIAに過失があるのに、まるでそれを揉み消すような裁判(提訴)と判決を自作自演で行なっているようにしか見えない。
まぁ、その判決の根拠も明白になってないわけだから、判決を受け入れるBARもアホな訳だけど。
これで完全にナメられるわな。些細なことに突っ掛かられ、まともな進歩ができなくなった・・・。
Posted by kopin at May 07, 2005 03:12
>kopinさん、
これから開発が厳しくなりますね〜。みんなギリギリのところでしのぎを削ってるというのに・・・。
今後は「全車を対象に抜き打ちテストをする」って言ってますが、それだって「次のGPで行くからネ♪」的な耳打ちがあってのことじゃないのって勘ぐっちゃいます。(~_~;
まあ、そういうことも含めて、政治がヘタだったBARに落ち度があるっちゃあるんでしょうが・・・。(そう、レギュレーションじゃなくて政治ですね。BARがほんとにダメだったのは・・・)
Posted by Agatha at May 07, 2005 04:44
>Agatheさん、
>政治がヘタだったBARに落ち度が・・・
その通り!(^^)!

ホンダ含めた日本企業はここら辺がイクナイ原因なのですよ
だからナメられるのです!
ヨーロッパの自動車競技に出るんだったらまともに喧嘩(政治力)するチカラないと今後又同じ事の繰り返しですな。ホンダは過去ターボで16戦15勝やった時FISAから「嫌がらせ」を受けた張本人な筈。その辺のF1=政治事情は心得ている筈なのに・・・。このカテゴリで「勝ち逃げ」だけを目論んでおるのなら政治は興味ないでも仕方ないが、今回のようなケースで一番落胆
し絶望しているのはドライバーでありそれを応援している我々ファンだとう事をお忘れなく・・・BARホンダさん!

あ〜書いてて虚しい〜(´・ω・`)ガッカリ・・・
Posted by kopin at May 07, 2005 12:01
んー・・・どうなんだろ・・・
僕らはあの言葉を想い出そうよ・・・

『僕達はいつも限界で闘っている。マシンも人間もだ。それがモーターレーシングであり、F1なんだ』

『理想を語ることは簡単だが、自ら実践するのはすごく難しい。だからこそ、とにかく、どんな時でも、ベストを尽くして生きなければならない。その結果、うまくいく時もあれば、そうでない時もある。間違いを犯すこともあるだろう。でも、少なくとも、自分自身に対しては誠実に、そして、自らの描いた夢に向かって、精いっぱい生きていくことだ。』
Posted by にこらす at May 07, 2005 15:56
>kopinさん、
そうですね〜。チームが(当然ながら)目の前のレースや開発合戦に懸命に取り組んだ、その努力と情熱は尊いですが、もっと上からの視点が実は足りなかったのかもしれません。
誰のようにとは言わないけれど(正解はないと思うし)、もっとマネージメント能力のある人物や、いい意味でカリスマ性のある求心力を持った人物が必要なのかもしれないですね〜。
Posted by Agatha at May 07, 2005 16:07
>にこらすさん、
泣かせますね〜(笑)。そうですね。「限界の中で戦っている」という意味では、F1はもちろんそうだし、ひいては一人一人の人生にも置き換えられますね。理不尽なこと、悔しいこと、いっぱいありますもんね。
琢磨のオフィシャルサイトのBBSも、もう精神論に集約されてきましたね。大事なのは、ここから何を学び、どう立ち向かっていくかですよね。

いろんなブログで、皆さんいろんな意見を書いているように見えますが、結局みんないいたいことはひとつであって、それを「どの切り口から、どんな口調で」書いていくかだけの違いのような気がします。みんな琢磨を愛しているし、応援しているんですよね。
Posted by Agatha at May 07, 2005 16:11
阿雅佐さん、こんにちは。

> 泣かせますね〜(笑)。

いやぁ実際セナの残した言葉を読んでると涙がにじんできます。いまだにあのタンブレロコーナーのクラッシュシーンが忘れられません。琢磨も鈴鹿で彼の走りを見てF1を志した・・・そのセナの言葉は重いものがあります。真実を言い当てているような・・・

とにかく終わったことは仕方がないです。タクも言ってますよ。「ニュルで勝てばいいんでしょ!」って。そうだっニュルで優勝めざせっ!!!
Posted by にこらす at May 07, 2005 19:13
>Agatheさん
>もっとマネージメント能力のある人物や、いい意味でカリ>スマ性のある求心力を持った人物が必要なのかもしれない>ですね〜。
↑そう!コレF1やってく上で物凄く重要!

いつの時代も繰り返されます・・・
89年鈴鹿でセナを無理やり失格にした頃から・・・
何も変わってないFIA・・・
その後、セナ=危険なドライバー→執行猶予付き処分
セナ涙の記者会見懐かしい・・・

民事の判例では・・・
94年の顎の2戦出場停止→もちろんベネトンの負け
84年のティレル追放→もちろんティレルの負け
シューの今回のコメントはこういう経験からなのです。

>もう精神論に集約されてきましたね
そう!もう信じるしかありません!
Posted by kopin at May 07, 2005 19:25