June 21, 2005

史上最低のGP 深刻な波紋

お探しのエントリは?
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
 
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
             6月21日の琢磨:体調管理に注意する日
 
 
■史上最低のGP 深刻な波紋
 
FIAによるMI攻撃が始まりました。もちろん、元はといえばMIの失態が原因。これは仕方ないでしょう。
 
また、MIの打撃はこれのみならず、株価急落という目に見えた形でもたらされています。企業としての信頼性は明らかに失墜。
 
一方で、MIはFIAのせいであるとこれまた攻撃。F1という興業のことを考えれば、FIA大いに失態です。決勝直前の“裁定”にしても、「興業をうまく成立させることができなかった」という意味では大失態。しかし、MI側の要求をのんでシケインを急設置する必要があったかどうかは疑問です。
 
さらに、インディアナポリスのサーキットCEOは、FIAとFOMに対して損害賠償を検討しているそう。これもやむなし。当然でしょう。しかしそれ、誰がどの割合で請け負うのかな? またひとモメしそう・・・。
もちろん、来年インディでF1が開催される可能性はないに等しいでしょう。
 
ちなみに、インディアナポリス・サーキットでは、GPチケットの返金を検討しているそう。また、GPチケットをもっている人を、他のレース(チャンプ・カー)に無料でご招待するプランもあるそうです。
 
これについてモズレーは、今年のチケットを持っている人に対して、来年のアメリカGPを無料で観戦させるのがよいと発言しています。それって、自分に厄災がふりかからないようにという思惑?
 
ちょっとイヤな話。GPのあと、帰ろうとしたチームクルーが怒った観客に襲われたそうです。ケガがなかったことを祈ります。
 
 
■追記
 
ニキ・ラウダ氏によると、襲われたのはBARスタッフだったそうです・・・。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/agatha_net/25904505