June 22, 2005

ストッダート、吠える!

お探しのエントリは?
【注意】Web上ではありますが、私は著作権を放棄していません。記事の無断盗用はご遠慮下さい。引用される場合は、当ブログの名前を明記しリンクをお願いします。
 
  今日の琢磨 ・・・・琢磨の今日を勝手に占います
             6月22日の琢磨:次の目標を立てる日
 
 
ストッダート、吠える!
 
ミナルディのポール・ストッダートが吠えました。
 
(ストッダート、モズレーに辞職を勧告)
 
いいなあ、スタディ。ちょっと好きになってきたぞ。みんな内心思っていてもなかなか口には出せないことを、敢えて堂々と言っちゃう人っていますよね。ちょっとアウトローな人に多いけど。でも、素直に「すごい」と思う。レースにも出てるし、公聴会にも呼ばれてない立場だからこそ、逆にリアリティありますよね。(GP当日、国際映像のカメラに向けて親指を下に向けてたもんな〜)
 
で。その理由なんですが、こういうことだそうですよ。(フランク・ウィリアムスがBBCラジオに語っています)
 
MI勢は、ギリギリまでレースをしようとして、いくつかの打開案をFIAに出した。しかしモズレーはそのすべてを却下。彼は妥協をしたくなかったようである−−。
 
やっぱりね、モズレー。そんなことをしておきながら、すべてをMIの責任にしようとして自らが“歩く正義”であるかのような素振りを見せている、その態度。一般の人は事の真相を知らないし、知る努力もしないんですからね。強硬姿勢を貫いたモン勝ちということなんでしょう。
 
12万人もの観客を入れたサーキットで、あんな茶番GPを催行させてしまうことを、MIチームは避けたかった。MIにとっても各メーカーにとっても、アメリカは大手マーケットですからね。(事実、GP翌日MIの株価は急落しています) なので、「チャンピオンシップにならなくていいから(ポイントを剥奪されてよいから)」シケインを設置するなどして走らせて欲しい、と懇願した。しかし、モズレーは却下。
 
注:この一連のやりとりについて今宮純氏は、「MIがここまでストレートに自らの非を認め、判断をFIAにゆだねたにもかかわらず、F1における最高権力者であるFIAはその指導力を発揮することができなかった」と書いておられます。今宮氏のご判断は、「FIAが信頼されていないこと」が事件の核であるというものです。(「トーチューF1EXPRESS」より)
 
これについて私たちは、「シケインを急設置することなんて不可能」というような理解の仕方をしてましたが、過去に例があるそうですね。シケインの急設置。(もちろん簡単ではないと思いますが)
 
で。となるとモズレーが強硬に反対したのは、何なんでしょう? すべてが意のままにならないと耐えられないという、暴君の傲りだったのでしょうか。コンコルド協定に反する者たちを、「一度痛い目に遭わせておかないと」との思いがあったのでしょうか?
 
それとも・・・
 
「強硬姿勢を続ければ、結局はすべて意のままになる」という愚かな計算違いにより、大切なものを見誤ったのでしょうか。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/agatha_net/25990001
この記事へのトラックバック
ストッダートは笑劇のためにF1ボスを非難します。Minardiボス ポール・ストッダートは、ほんの6台の車を特徴とした米国グランプリに続いているF1チーフ マックス・モーズリーへの辛辣な攻撃をスタートしました。ストッダートは言いました:「F1は政治以外の何かを見失いまし
F1ニュース【kopin'sWeblog】at June 22, 2005 02:42
ストッダート アメリカGPでの出来事について暴露(F1Racing.jp)  ストッダートは、怒りを増大させている?  フォーメーションラップ中にマシンをピットレーンへ向かわせなかったのは、ジョーダンと同じですが、これまでの因縁からか、FIAとフェラーリへの批判を噴
F1:ストッダート、アメリカGPでの出来事について暴露【Blog Epsilon】at June 23, 2005 23:36
アメリカGPでミシュランユーザ14台が棄権した。 このことについてFIAを非難す...
公正な解釈と超法規的手段〜ミシュランユーザ棄権【空も飛ぶし水にも潜る】at June 24, 2005 21:52